夢を追いかけ自分らしく☆

49歳の午の年に鉄馬に乗る・・・初バイクは DUCATI Monster900
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大型自動二輪教習 第一段階 7時限 8時限目

第一段階 七時限 八時限目

本日の教習科目は、一本橋! 2時間‼︎
先ずは、いつも通り、ウォーミングアップで流し運転!

まずは、高いポールの間を抜ける練習をした後、
教官の一本橋の見本を見てから、早速、10秒!って言われるのかと
思いきや、落ちる練習(笑)
さすがに、落ちるのは簡単だと思い、「真ん中くらいで右に落ちてね!」
って言われたのに、左に落ちてしまった私は(^^;;
右落ち 左落ちを、何度か練習した後、「じゃあ、時間関係なく、渡り切ってみよう!」
出来ちゃった(^o^)
秒数は、わかりませんでしたが、こんなもんかぁ!的な(^ー゜)
しかし……………(≧∇≦)
マグレだったのか(;゜0゜)
教官に、悪い点と、コツを教えてもらい、いざ、リベンジ‼︎
ヤッター ヤッター ヤッターマン(^◇^;)
12秒‼︎(^^)
その後も、2時間 コース周りを入れながら練習!
疲れたぁ(; ̄ェ ̄)
結果!
4回に1回は、落ちてしまいますが、平均タイム 12秒台!
本日の最高タイム! ダダダダ…………ジャン! 16・8秒^_^
良く出来ました!と、ハンコいただきました(^.^)

☆教官からのアドバイス
肘を曲げる
猫背になるくらい前かがみ
ニーグリップをしっかり
ハンドルをグラグラと


☆自分での注意点
ニーグリップを意識すると、ブレーキ引きずり忘れたり、
半クラッチ疎かになったり!
これは、練習あるのみかもしれませんね!

昨日、ネットでライディングの基本を検索していたら、
ブレーキの使い方が動画で載っていました。
フロントブレーキの使い方、握り方だったんですが、
人差し指と中指の2本だけで、かけるのが基本とのこと!
4本指が基本と思ってました!
そのようにも、教わったような気もしないでもないが………
今日は、気を付けて、ずっと、2本指で掛けてました!
ブレーキの遊びシロを知れと言うことらしいです!
でも、教習所では、4本指で掛けるのが基本で、
減点対象かも!


【エンスト1 立ちゴケ0】
エンストは、一本橋の上で、半クラッチを忘れて、止まってしまった(・_・;(笑)

次回は、S字 クランク スラローム!
ご期待ください^^;


にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【 2014/03/25 】 教習日記 | TB(0) | CM(4)
No title
こんばんわ!
16秒ですか、すごい優秀ですね。 
でも落ちる練習からっていい教習ですね。
恐怖感と緊張感を拭ってくれるのは感心しました。

S字クランクってあまり難しくないと思いますよ。
スラロームと急制動は、気合い一発!精神論で。
(なんのアドバイスにもなりませんね)。

余り体験しないのは、波状路でしょうか・・・。

 頑張ってくださいね。
【 2014/03/25 】 編集
Re ドラスタオヤジさん
お疲れ様です!
このあとの教習で、一本橋復習したんですが、出来なくて(≧∇≦)
S字 クランク そっちのけで、練習してました^^;
急制動 波状路は、二段階からです!
頑張ります(^O^)
【 2014/03/26 】 編集
No title
こんにちは
16秒越えはすごいですね。自分はきっとそんなに出来ません。
指は教習所だと4本にしなさいと言われたような気がします。
そして自分は今でも4本で握ってます。(^_^;)
【 2014/03/28 】 編集
Re スラマッパギさん
おはようございます^_^
一週間後に、一本橋やったら、10秒行かなくなって、
他の科目は大丈夫なので、特訓しました^ ^

教習所では、やはり、4本指が基本ですし、一番安定すると
言ってましたが、その教官も、普段のツーリングでは、
二本掛けで運転してるようです!
カーブでのフロントブレーキ使いは、二本掛けじゃないと、
キツイですね!
バイクの種類にもよるでしょうけどね^_^
ちなみに、私も、とりあえず、卒検までは、
4本掛けに戻します^^;

【 2014/03/30 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。